日本で初めての独立型のソーラー充電スタンド「シティチャージ」

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

記事の一部をスマートジャパン様より引用させて頂いております。

皆様、梅雨真っ盛りですね。本日もしとしとと雨が降っております。私、渡邉は梅雨時生まれのせいか、こんなパッとしない天気もなかなか好きだったりします。しかし、太陽光パネルをつけられてるお客様は発電効率が下がるので、疎まれる季節ではないかと思います。そしてこの雨のせいで、今年も各地で自然災害が起きております。自然災害が少ないといわれている岡山でも、毎年どこかしら土砂崩れが起こっており、皆様にも気を付けて頂きたいと思います。

そんな緊急時に確保しておきたいのが、ライフラインですよね。今回は、今後普及を望まれる独立型のソーラー充電スタンドをご紹介致します。

シャープは太陽光パネルで発電する電気で携帯電話やスマートフォンを充電できるソーラー充電スタンドを製品化し、発売することを発表しました。シャープが新たに製品化したソーラー充電スタンド「LN-CA2A」は、太陽光パネルと充電池、LED照明などが一体化した設備です。これらの組み合わせにより、スタンド上部に設置した太陽光パネルで発電した電気を蓄電池に充電します。その蓄電池の電力を使って携帯電話やスマートフォンの充電および、夜間の照明に使用するというシステムです。

シャープでは、東京都などから委託を受け、2015年10月に東京タワーのふもとにソーラー充電スタンド「シティチャージ」を設置。同スタンドが日本で初めての独立型のソーラー充電スタンドだとされています。同ポイントに設置後、都内の「虎ノ門ヒルズ」に2カ所目が設置されているとのこと。

km_sharp1

ソーラー充電スタンドは、既に米国・ニューヨークやアラブ首長国連邦のドバイなどで設置が広がっており、今後は観光地など観光客の集まる地域の付加価値向上に向けて需要が高まると見られているそうです。さらに、商業電源への接続が不要なため、地域の防災拠点に設置することで停電時の充電ニーズへの対応が可能となるなどの利点もあるとのこと。

先日、ギリシャ難民のライフラインを支える為に英エディンバラ大学の学生プロジェクトでモバイル端末用ソーラー充電スタンドを設置したというニュースを読みました。今の時代、先進国・発展途上国関係なくモバイル端末を活用されている人は多く、連絡手段・情報収集等、たくさんの用途で使われています。緊急時には重宝される反面、電源の確保というのも重要課題となっております。都市部での普及もプロモーションとしては必要ですが、私、渡邉としては今必要とされている場所にこそ増えていけばいいなと心より願うばかりでございます。


ソーラーインパルス2、大西洋横断!

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

記事の一部を西日本新聞様より引用させて頂いております。

以前、世界で初めて太陽光エネルギーのみで世界一周を目指している、スイス製の有人固定翼機『ソーラー・インパルス2』のお話をしましたが、なんとソーラー・インパルス2が太平洋横断に成功しました!

太陽エネルギーだけを使った世界一周飛行に挑戦中、米ニューヨークからスペインに向かっていた1人乗りプロペラ機「ソーラー・インパルス2」は23日、71時間8分の飛行を経てスペイン南部セビリアに着陸し、大西洋横断に成功。同機の公式ホームページが伝えました。

太陽光エネルギーのみによる航空機の大西洋横断は初めて。今回の飛行距離は6765キロ。

同機は昨年3月、アラブ首長国連邦(UAE)を出発。インド、日本、ハワイなどを経て今月ニューヨークに到達しました。今後はエジプトを経由してUAE帰還を目指すとのことです。

世界一周を飛行機でというのも、遊覧ではないと思いますね。何処までも見渡せそうな快晴ももちろんあるでしょうけど、今日のように豪雨もあれば雷を伴うような曇天もあるでしょう。しかし、そんな困難な状況を経ての太平洋横断は本当に素晴らしいと思います。これからUAEに帰還ということなので、何事もなくミッションを終えて欲しいですね。私、渡邉はソーラーインパルスを応援しております!

201606240005_001_m


太陽光発電でどら焼きの皮

こんにちわ、事業統括部の渡邉です。

記事の一部を信毎web様より引用させて頂いております。

徐々に暑い季節が到来してきましたね。私、渡邉は今の梅雨時も含めて夏が大好きですが、晴れてくると太陽光パネルも熱くなってきますよね。「パネルの上で目玉焼きを作れる」なんて話をよく聞きますが、そのくらい熱くなるという事なんですね。屋根に登る機会もそうそう無いとは思いますが、その際には皆様お気を付け下さいませ。

さて、今回は太陽光パネルでどら焼きを焼く話…ではなく、太陽光発電を利用してクリーンなどら焼きを作られている方の話です。

軽井沢のジャム・菓子製造「白樺堂」。自社の駅前工場に設けた太陽光発電の電気のみで皮を焼き上げる「太陽のどら焼つぶつぶプリン生どら」を開発した。着想から約1年がかり、考案した副社長の小林康二さん(44)は「環境に優しいクリーンな印象もあってか、よりおいしく感じる」とのこと。

小林さんは昨年夏前、太陽光発電パネルの普及を実感して、「このエネルギーでお菓子を焼けないか」と思い始めたそうです。業者に掛け合ったが、「割に合わないよ」と忠告され、「天気が悪いと焼けない。電力が安定しない」と取り合ってもらえなかったようです。

一度は諦めかけたが、昨年秋、蓄電池を紹介するチラシを見て「ひらめいた」。同時期に業務用の電磁誘導加熱(IH)式のどら焼き機があることを知り、工場の電気点検を担う専門家にも相談。工場の屋根に太陽光発電パネルを、3階に蓄電池などを、2階の製造室にどら焼き機を設置したとのこと。5月中旬、順調に稼働し、既存の売れ筋商品を基にした試作品が完成。つぶつぶのプリン、ゼリー状のカラメル入りの生クリームを挟んでいる。感激しながら、社員や関係者と味わったそうです。好天時、1日充電すると、500~750個分の皮が焼けるなんて凄いですね!

着想から1年をかけて、業者の方の反対を受けながらもアイデアで乗り切る姿勢は本当に素晴らしいと思います。諦めなければ、良い結果はついてきますね。励まされるニュースです。長野県出身の友達に是非紹介して探してもらいます。そして、お土産をお願いしてみます。

IP160621TAN000123000


新型「プリウスPHV」

お久しぶりです。事業統括部の渡邉です。

記事の一部をYAHOOニュース様より引用させて頂いております。

トヨタ自動車が、「スマートコミュニティ Japan 2016」(2016年6月15~17日、東京ビッグサイト)において、2016年秋から日本国内で発売するプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」の新モデルを出展しました。

エコカーもここまで来たかっ!!と思いました。天井に太陽光パネルを搭載し、家庭用のコンセントで充電もできるとのこと。バッテリーの容量を増やし、ガソリンを使わずに電力だけで走れる距離が前モデルの約2倍の60キロメートル以上となりました。また量産車としては世界で初めて、太陽光によって発電した電力を走行に使用できるソーラー充電システムを搭載ということなので驚きですね。

太陽光パネルを搭載しているにも関わらず、洗礼されたフォルムは素晴らしいですね。太陽光パネルで数々のエネルギー問題がもっと解決されれば、未来は明るいですね。

2016061599115014


普通のガラス窓が、新時代を見通す窓に!

お久しぶりです、事業統括部の渡邉です。

TV、パソコン、スマートフォン、近年では薄型のディスプレイに触れる機会がすごく増えましたね。この辺りではあまり見かけませんが、都心部の方ではデジタルサイネージというディスプレイ型の広告が多く見られます。幼少期にブラウン管TVを見ていた私、渡邉は感慨深く思う次第であります。このまま行ったら、どこまで薄くなのやらと思っていた矢先、テクノロジーはもっともっと先に進んでいました。なんと、窓ガラスを使ったディスプレイの活用法が研究されています。

スマートガラスと呼ばれるその技術は、液晶層に加える電圧を制御することで電気的に透明度を切り替えられるガラス製品のことです。太陽が眩しければ、曇りガラスにという具合で調整が出来るガラスで、まさにカーテンいらずですね。スマートガラスの可能性として、透明なガラスにアイコンや映像がでてモニターやディスプレイのように映り、スマートフォンやタブレットのように操作できるようになるそうです。

将来的には、太陽光発電と蓄電システムを備える研究も進められているそうです!

見た目は普通の窓ガラス、頭脳はハイパーテクノロジー、その名は「スマートガラス!」。個人的には一刻も早く触れてみたい技術ですね。

6d4ddb18