スタッフBlog

成長へのセミナー受講と漢字

はじめまして

総務部 森光です。



先日セミナーを受けさせて頂きました。

ライフワークにて動物保護をしています。

受講1回目の講師の開口一番は

切滅危惧種の比喩から始まりました。



講師 『みなさん、この動物写真の共通点は?』

受講者 『絶滅危惧種』

講師 『環境に適応出来ない種は滅びる、正解です!』

私 『比喩された動物は自然の秩序では無く資本主義社会の人間の

よく似よる殺生で環境適応出来なくて当然、

人間だけが地球上でお金、物の欲の止まる事なく創造するから

それに苦しまされているので納得正解ではないのに。』



始まりに不愉快は感じたものの

後は成長するに必要な内容で

遠い昔にコンサル受けた懐かしい内容でした。

人間は忘れる。

振り返るいい機会を与えて頂きました。



ここで漢字の本来の意味を少し思い出しましたので

シェアさせて頂きます。





企業は【業を企てる】と、書きます。

要するに世の為、人の為は大前提ですが、

実際は如何に貧民から富と健康を貧るかが企業であり続けている現状です。

字のごとしになる。

本来はきちんとした会社を応援するべきです。



会社とは【神聖なるものに会う】という意味が隠されており、

環境や動物を犠牲にしていない会社を応援するのが

漢字からしても本来の道です。

3代続く企業です。



3.11から皆様もエネルギーに対しては頭の片隅にあると思います。

原子力で土地が放射能で汚染され、悲しみが増すより、

産業廃棄物問題も危惧されている太陽光ですが、

この先、子供や生き物、自然環境を天秤に架けた場合、

私は環境破壊にならない無害のエネルギーが出ない限り、

ほかの選択しが無いのであれば現在の自分と仕事を

セミナーを通じて成長させていきたいと思いました。



今後とも、株式会社 エコライフジャパンを

どうぞ宜しくお願い致します。

応援される会社になれますように、優しく有りたいです。