スタッフBlog

電気自動車(EV・PHV)

いつも弊社のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

今後世界的に需要が高まるであろう電気自動車ですが

太陽光発電との組み合わせは本当に効果的なんでしょうか?

 

充電し蓄えた電力で走行するのが電気自動車ですが、専用の

充電設備が必要で家庭用電力を使用します。

電気量は増えますが、ガソリン代がかからないため節約効果に

繋がってきます。

課題としては充電ステーションの設置場所がガソリンに比べて

少ないこと、一回の充電で走行できる距離が短いことです。

長距離を走る機会が多い人は、プラグインハイブリッド車が

適しているでしょう。

 

燃料となる電気を自宅で作れるのが最大の特徴と言えます。

電気自動車で太陽光発電の電気を充電して使うとき、車種に

より差はありますが、1㎾hの電気で4km~10km走行できると

されています。2018年度に設置する住宅用(10㎾未満)

太陽光発電は、1㎾hあたり25円~28円で電気を売ることが

できます。

ガソリン車の場合、10km走るのに用いるガソリン1リットルの

価格は、2018年時点で140円前後となります。

(レギュラー・全国平均)つまり、燃料費だけで比べれば

太陽光発電の電気のほうがずっと安いと言えるでしょう。

 

それ以上にモーター駆動体験しますと、パワーがあり加速も

スムーズです。レスポンスの良さからストレスも解消されました。

ガソリン車には戻れそうにはないです。