スタッフBlog

1999年の太陽光の出来事

いつも弊社のブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今日は二ヶ月前に書かせていただいた太陽電池の普及のその後について、お話しさせていただきます。

石油危機から26年後 1999年にエネルギー使用を合理化する目的で省エネルギー法が制定されました。これにより、国がエネルギー問題や環境問題に対して積極的に取り組むという姿勢が明確に示されました。1974年に制定されたサンシャイン計画の発展形であるニューサンシャイン計画で技術的発展を遂げてきた太陽光発電も、この省エネルギー法の導入とともに改めて注目を集め、太陽電池の需要が拡大するとともに生産量も拡大した結果、日本は太陽電池生産量で世界一となるのです。

生産量世界一は今現在も続いています。異常が日本が誇る太陽光シェアを世界に轟かせる大きなきっかけとなった1999年の出来事でした。最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。