スタッフBlog

アップルが全世界の自社施設の電力100%再エネ化を達成

いつも弊社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

本日は、米アップルが4月10日世界各地にある同社の施設で使用する電力を、100%再生可能エネルギーで調達したというニュースを紹介致します。

これらの施設には、米国、英国、中国、そしてインドを含む世界43カ国にある直営店、オフィス、データセンター、そして共用施設が含まれています。

同社は、さらに9社の製造パートナーがアップル向けの生産を100%再生可能エネルギーを使って生産することを約束したことも発表しています。

それらは中国上海と崑山の2つの工場でiPhoneを含む複数の製品の組み立てを行うPegatron、製品に使われている磁石・磁気部品のサプライヤーのQuadrant、日本でプリント基板用のソルダーマスクを製造する太陽インキ製造などです。これにより再生可能エネルギーでの生産を約束した同社のサプライヤーの数は全部で23社となっています。

日本にも、このような取り組みが盛んになる事を願って仕事に邁進してまいります。