スタッフBlog

どっち?

いつも、ブログを読んで頂き、ありがとうございます。

すっかり行楽のシーズンになっております。

花粉症も少し落ち着いてきたころでしょうか?

さて、今日は発電量について、お話したいと思います。

どちらが発電量がいいかお判りでしょうか?

春と夏では?

熱いから、夏!と思われた方!

残念!実は、、最も発電効率が高く、発電量が多くなるのは、3〜5月の春から初夏にかけてなのです。

 

一般的に住宅用太陽光発電のソーラーパネルは、表面はガラスで覆われていますが、内部の発電部分はシリコン(半導体)でできています。
そして、シリコンは温度が上がると機能が低下していく特性を持っています。
この特性のため、ソーラーパネル表面の温度が高くなっていくと、太陽光発電の発電効率が低下して発電量は少なくなってしまいます。

太陽光発電は日照時間が長い夏の方が発電量が多いようにイメージする方も多いと思いますが、実はこの「高温に弱い」特性のため、そうではないのです。

と、一部ですがお役に立てましたでしょうか?

もっと詳しく知りたい方はこちらまでご連絡お待ちしております。