スタッフBlog

エネルギーミックスって何?

こんにちは!法人営業部 竹田です。
何気にTVを見ているとCMで「エネルギーミックス」という言葉を耳にしました。
「エネルギーミックス」ってなに?こんな内容です!
電気をつくるためのエネルギー源としては、石油・石炭・LNG(液化天然ガス)火力、
水力、太陽光や風力などの再生可能エネルギー、原子力などさまざまな種類があります。
これらのエネルギー源には、安全性、環境への負荷、コスト、施設運用、供給安定性などの面で長短があるので電気の安定供給を図るため、多様なエネルギー源を組み合わせて電源構成を最適化することを「エネルギーミックス」または「エネルギーのベストミックス」と言います。
2011年3月に発生した東日本大震災及び津波に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画には、再エネの導入拡大や原子力発電所再稼働などの方針が明記されました。これを受けて経済産業省は、エネルギーミックスのあり方について検討を重ね、2015年7月に「長期エネルギー需給見通し」をまとめました。
2030年度のエネルギー需給構造の見通しとして電源構成比率は、再エネが約22~24%、LNG火力が約27%、石炭火力が約26%、石油火力が約3%、原子力が約20~22%となり、再エネをさらに細分化すると、水力が約8.8~9.2%、太陽光が約7%、風力が約1.7%、
バイオマスが約3.7~4.6%、地熱が約1.0~1.1%となっているんです。
この前提として、省エネ及び節電を徹底することにより、2030年度時点の電力需要を2013年度とほぼ同レベルの9808億kWhにまで抑えこむことを見込んでいて、東日本大震災以前に約3割を占めていた原発依存度を大幅に低減するとしているのです。具体的な取り組みとして、再エネの大量導入や電気事業法改正による広域運用の強化、電力の「見える化」の進展などをあげています。
長期エネルギー需給見通しは、3年ごとに行われるエネルギー基本計画の検討にあわせて、
必要に応じて見直すことになっているのです。
日本のエネルギー事情…みんなで深く考える時期なんですね。