スタッフBlog

今夜もほぼ「スーパームーン」とのことで

お久しぶりで御座います。事業統括部 人事課 渡邉です。

このブログ、「ちょっと変わった太陽光発電にまつわるニュースを取り上げよう」という隠れテーマを私しが勝手に掲げておりまして。しかし、そんなに頻繁に「ちょっと変わった」事なんぞ、そうそう無いわけで。

なので、今回は巷で噂の「スーパームーン」に触れてみたいと思います。

昨日、11月14日(月)に全世界で観測された「スーパームーン」。しかし、日本は全国的に雨模様で一部しか見られなかったみたいですね。これだけの大きさで見えるのは実に68年ぶりで、次に同じような距離の満月が見られるのは2034年ごろとの事です。実際倉敷周辺も、例外なく雨模様でしたので、スーパームーンの「ス」の字も観測できませんでした。少し前から話題に上がっていた分、すごく残念でしたね。なんで今日ドンピシャで雨なんだよ!どんな確率だよ!と心の中の私はヒステリックを上げていました。

しかし、まだ諦めてはなりません。二日目の今日も”ほぼ”スーパームーンだそうなので、チャンスがありそうです。”ほぼ”スーパームーンです。私しの期待値としては、”ほぼ”カニと書かれたかまぼこくらいのレベルですね。まぁ、それでもおいしく食べますが。

少しスピリチュアルな話になりますが、月といえば、私し「ブラックオニキス」という鉱石をたまに身に着けます。こういった鉱石の「浄化」にも、月の光は効果的なんだとか。悪いものを外から守ったり、内側にあるものを吸い込んだりと、様々な効果をもたらす鉱石。実に働き物です。もし、お持ちの方は、これを気に鉱石の浄化をしてみては如何ですか?観測以外の楽しみ方も一つあっても良いかもしれませんよ?ちなみに、深夜0:00からは逆効果ですのでお気をつけて下さい。

インターネットのニュースを見る限り、結構大きく見えるようなので、日光浴ならぬ月光浴と洒落こみましょうか。そして、私しも浄化して頂きましょうか。跡形もなくなる可能性もありますが。

supmoon1-e1432735139428