スタッフBlog

手帳サイズの防水ソーラー充電器「ソーラーペーパー」

お久しぶりでございます。事業統括部の渡邉です。

記事の一部をエムディエヌ・デザイン・インタラクティブ様より引用させて頂いております。

9月に入り、朝晩の空気がすっかり変わりましたね。眠る頃には寒いくらいに感じます。今年はラニーニャ現象のせいで「秋は暑く、冬は寒い」なんて言われていますけれども、残暑なんてどこ吹く風か、過ごしやすいじゃないですかラニーニャさん。

さて、今回は持ち運びソーラー充電器が日本で取り扱いされるそうなので、そちらの記事を掲載させて頂きます。

エム・シー・エム・ジャパン株式会社は、YOLKのポータブルソーラー充電器「ソーラーペーパー」の正規輸入代理店として代理店、販売店の募集を開始しました。
同製品は、ワット数対比で世界最薄・最軽量のソーラー充電器。メインパネル本対90×190×11mm、75g。サブパネルは90×174×2mm、65gと軽量・コンパクトで、手帳にはさんだり、ポケットに入れたりすることができます。セル変換効率23%の高性能を実現しており、良く晴れた日ならスマートフォンをコンセントからの充電と同じ約2.5時間でフル充電できるそうです。
パネルはマグネットで接続・取り外しが可能で、接続部分の摩耗や損傷を防ぎ、高い耐久性を実現するとともに、小型軽量化も実現しました。また、IP64の防水性能も実現しているとのこと。オートリセット機能を搭載しており、雲や影などで日光が遮られてもデバイスの手動のリセットは不要で、再び日光が当たると自動的に充電を再開します。また、コントローラー部にLEDランプを搭載しており、給電状況を確認できるようです。
手帳程の大きさっていうのは良いですね、個人的には持ってみたいです。充電欲する状況はアウトドアに限った話じゃなくなってきてますからね。都会のど真ん中でも、困るときは困ります。最近では充電させてくれるお店も少なくないですけれども、これだと待ち合わせ中に充電!とか、可能になってきますよね。個人的な目線で申し訳ありませんが、こういう小型ガジェットはどんどん増えて欲しいと思います。
solar_paper_160912195220