スタッフBlog

終戦記念日

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

猛暑を全身全霊で受け止めながら過ごしていますが、あっという間に8月も半ばに差し掛かりました。そろそろ台風が多くなってきて、雨風時に雷などに気をつけなければなりませんね。山陰、瀬戸内海に囲まれた岡山は、毎年それなりにしか台風はやってきません。さすが、災害が少ない県筆頭ですね、素晴らしい!ですが、河川の氾濫や土砂崩れなど、地域特有の災害は毎年発生しております。皆様、田んぼの水とか気になると思いますが、台風が来たら自宅待機ですよ!

さて、本日8月15日は終戦記念日でございます。今年で終戦71年になります。私も戦争を知らない世代の一人でありますが、祖母からその当時の生活を聞いておりました。私では想像もつかないほど、大変な生活を強いられていたとのこと、胸が詰まる思いでした。そんな中、家や家族を守るという事は生半可な事ではないと思います。そういう方々が全国に居て、そういう方々が全国を日本を支えていたんだと思いました。

日本という国は、戦争から紆余曲折を経て敗戦国から、見事な復帰を遂げ今日に至ります。今の日本があるのは戦争でもポツダム宣言でもありません。そういった時の流れに負けずに、ひたすら再建を目指した人たちのおかげです。その礎に、私達は立っています。その事を決して忘れず、絶やさずにいる事で、はじめて「平和」というものが成り立つのではないでしょうか。今では戦争を知らない人の方が多くなってます。何故、戦争が無いのか。何故、戦争をしてはならないのか。私の知識では至らない点が多々ありますが、そういった事もこれからの世代に伝えられるようになりたいと思います。