スタッフBlog

バーチャルで太陽光発電所を見に行こう!

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

記事の一部をvsmedia様より引用させて頂いております。

毎日毎日、日差しが凄い!凄い強い!ドラキュラではないですが、一瞬で灰になりそうな感覚が少しわかります。日本の各所でも記録的な猛暑が続いているようで、どうも今年の夏の太陽はやんちゃ坊主のようです。ご年配の方々、皆様がお若かった頃よりも断然気温は高くなっております。無理をせず、水分塩分をしっかり取って、くれぐれも熱中症にはお気を付け下さいませ。

本日も暑くございます。こんな日は冷房の効いた室内にいたいですね。でも、出かけたい気持ちも持ち合わせている皆様。最近はそんな両得の商品が出てきています。それが「VR」という機械。一度は耳にされた事があるのではないでしょうか。「VR(バーチャルリアリティー)」の略で、コンピューターによって作られた「仮想現実」の事です。何だかよくわからなかもしれませんが、要はその場に居ながらにして別の風景を体感できる代物なんです。凄いですよね!さて、本題ですが、この「VR」を使って太陽光の見学ツアーが出来ちゃうらしいのです。

株式会社Looopが、全国47都道府県への太陽光発電所設置の達成を記念し、太陽光発電所の様子を360°画像で見学できる新コンテンツ「Looopバーチャル太陽光発電所見学ツアー」を公開しました。このコンテンツは、360°撮影された4つの産業用太陽光発電所を見学できるもので、各所に設置された解説を通して、太陽光発電について基本から知ることができるとのこと。見学できる発電所は、「平らな土地に建てられた一般的な産業用太陽光発電所」「斜面に設置された発電所」「メガソーラー発電所」「農地に設置された発電所」の4種類。

こちら、株式会社Looopのwebサイトにありまして、私、渡邉も体感してみましたが360°見渡せて凄い詳細までわかります。是非、皆様も体感してみて下さい。面白いですよ!2016年は「VR元年」と呼ばれているようで、今年を皮切りにこういった技術は増えて行くと思います。実際に目で見て確かめるという定義が少し変わるかもしれませんね。現実に体感したい私、渡邉としましては少し違和感を覚えますが、便利な物を上手く活用して生活を豊かにしていきたいですね。

1-143-450x225