スタッフBlog

「ソーラー・インパルス2」ついに世界一周達成!!

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

記事の一部をHUFF POST LOCAL HEATS様より引用させて頂いております。

この記事を書くのを楽しみにしておりました。一部、ニュースにも取り上げていたようですね。

太陽光エネルギーだけを動力とする飛行機が、初の世界一周に成功しました。「ソーラー・インパルス2」が7月26日、最終目的地のアラブ首長国連邦のアブダビに着陸し、2015年3月9日に同地を出発して以来、約4万キロを500時間近くかけて飛行しました。

当初の旅の予定は5カ月だったが、悪天候に見舞われ途中で足止めされ、2015年6月1日には中国・南京からハワイに向けて飛行中に、愛知県豊山町の県営名古屋空港に緊急着陸する場面もありました。

ソーラー・インパルス2は、ベルトラン・ピカール氏(58)とアンドレ・ボルシュベルク氏(63)の2人のスイス人飛行士が交代で操縦したとのこと。公式サイトでは「この機体は乗客ではなく、メッセージを運ぶために造られた。実在する代替エネルギー源と新技術で、不可能と思われていたことを達成できると示すのが狙いだ」としていました。

最後のフライトを務めたピカール氏は「エネルギーの歴史で初めてのことをした。ソーラー・インパルス2は、未来をクリーンにするための始まりにすぎない」と着陸後、Twitterに投稿している。

いやぁー、凄いです!感動です!無事に帰国された事、本当にうれしく思います。別に日本に帰国したわけじゃないですが、「おかえりなさい!」と声をかけたくなりますね。ブログに携わるようになり、この記事を追いかけて良かったです。世界初の偉業を成し遂げたと言っても過言ではありません。ピカール氏の言葉が、ガガーリンやアームストロング船長のような名言として、残されて欲しいですね。取りあえず、世界初のクリーンな長旅、お疲れ様でした!

slide_497756_6912458_free