スタッフBlog

ソーラーパネルの新たなカタチ「Wattway」

こんにちは、事業統括部の渡邉です。

記事の一部をMYLOHAS様より引用させて頂いております。

ソーラーパネルは、お住まいの屋根やカーポート、広い土地などに設置されるというのが一般的ですよね。もっと違う形でいろいろなところに設置できないのかな?と思い、調べたところ、なんとフランスでソーラーパネルの道「ソーラーロード」なるものを設置していました!

20151027_wettway1 (1)

フランスColas社が発表したソーラー・ロード「Wattway」。道路がそのままソーラーパネルの機能を果たしています。悪天候にも、車の走行にもびくともしない丈夫さは、既存のソーラーパネルとは比べ物にならない頼もしさ。5年かけて開発されたWattwayは、薄い敷石のような形で、簡単に道路上に貼ることができます。同社によれば、道路1キロメートルをWattwayで覆うだけで、5,000人規模の町の街灯に必要な電気エネルギーがまかなえる計算だそうです。また、20平方メートルのWattwayで、一軒の家に必要な電気(暖房以外)を供給できる見込みということ。

すでにフランス国内三か所でテストされ、その実力は保証済みです。同社ではできるだけ早い商品化を目指し、ただいま手続き中とのこと。

スマートハウスが普及しつつある昨今、そんな住宅が集まりソーラーロードが実用化されればスマートシティが完成されますね。僕らが子供のころに描いていた、車が空を飛ぶようなハイテクな未来はまだまだ先かもしれませんが、環境に優しい未来の街が築かれるのは、もう目と鼻の先にあるように思えますね。

20151027_wettway2