スタッフBlog

メガソーラー 敷地メンテナンスに「羊」と「ヤギ」

こんにちは、事業統括部 渡邉です。

記事の一部をスマートジャパン様より引用させて頂いております。

皆様、これから暑くなるとニョキニョキと雑草が生えてきますよね。除草剤を撒いたり、草刈り機なども活用されるでしょうか。どちらにせよ炎天下の中での作業になりますので、熱中症には十分にお気をつけ下さいませ。今回ご紹介するのは、メガソーラーの敷地内に生える雑草駆除に動物を活用するという、なんとも斬新な記事です。

SBエナジーと三井物産、および両社が設立した特別目的会社の鳥取米子ソーラーパーク、鳥取県米子市で建設業などを行う大協組の4社は、「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」(以下、鳥取米子ソーラーパーク)内で、羊とヤギによる除草試験を開始しました。鳥取米子ソーラーパークは「Aサイト」と「Bサイト」の2つのエリアで構成していて、今回の羊とヤギによる除草試験は、Bサイト内の「B-2」区域全体と外周部分を合わせた約7万2000平方メートルの敷地で行うとのこと。羊4頭、ヤギ2頭による除草試験を2016年10月30日まで実施する計画だそうです。

rk_160526_hitsuji01

これまで一定の除草効果に加えて、エンジン式草刈り機使用時と比較し、CO2排出抑制効果や試験開始前と比べ顕著な集客効果が見られ、さらに地域住民や職場へのセラピー効果などの成果も得られているようです。

2016年度は、発電施設を囲うフェンスに巻き付いて太陽光パネルに影を作り、フェンス自体の破損原因となる植物のクズ対策を主な目的とし、従来試験で実施してきた発電施設外での除草作業に加えて発電施設内でも羊とヤギの除草試験を行うとのこと。マメ科に属するクズは羊やヤギの好物でもあるため、好んで食することが予想される、発電所の発電効率確保や運営面でより実用性の高い除草効果が得られることを期待されているそうです。

ヤギと羊だけで約7万2000平方メートルと広大な土地を整地するなんて凄いですね!自分の職場の近くウロウロしていてくれれば、確かに癒されるでしょうね。