スタッフBlog

ソーラーフロンティア 曲がる薄型モジュール、実用化へシンガポールの新築ビルに設置

 

c046574

ベンダブルCIS薄膜太陽電池モジュール

 

ソーラーフロンティアはこのほど、世界の港湾運営最大手のPSAインターナショナルグループのPSAシンガポールターミナルズ(シンガポール)がシンガポールに新に建設したターミナルビルに、「ベンダブル(曲がる)CIS薄膜太陽電池モジュール」の試作品を設置した。ベンダブル・モジュールの設置は今回が初めてとなる。PSAインターナショナルグループは、新ターミナルビルで使用する電動式クレーンとともに、CO2排出量のさらなる削減を進め、持続性の高い環境づくりに貢献すべく同モジュールを採用した。

試作品は、ソーラーフロンティアの研究開発施設である「厚木リサーチセンター」で設計・開発されたもの。従来の結晶シリコン技術とは大きく異なるCIS薄膜太陽電池技術ならではの特性が活かされている。標準的な従来モジュールで使用されているガラス基板の代わりに、薄い金属基板を使用し、ガラス製カバーを高機能樹脂フィルムに置き換えた。さらに、フレームを取り除く新技術を用いたことで、現行製品比約3分の1以下のモジュール重量と約1.5ミリという薄いパネルが誕生したという。

ベンダブル・モジュールは「超軽量・薄型・折り曲げ可能」という特徴により、住宅やビルの壁、乗り物の屋根など、さまざまなものと一体化できるため幅広い用途への応用が期待できる。他社も現在、「薄くて曲がる」次世代型太陽電池の開発を進めており、今後、新たな市場の創出が見込まれる。

ソーラーフロンティアの平野敦彦社長は、「ベンダブル・モジュールは、当社のCIS薄膜太陽電池技術と太陽光エネルギーが持つポテンシャルの高さを示すもの。この新製品は多様な用途の商品に活かされることで、新たな太陽電池市場を生み出す大きな潜在力を秘めている」と述べている。

 

折り曲げ可能な太陽光パネルが出来るとはとてもビックりですね。

今後、市場に出回るのが楽しみですね(#^.^#)