スタッフBlog

太陽光発電診断システムで・・・

発電量予測機能が選択可能に!

 

日本気象協会の、中・小規模法人向け

太陽光発電システム診断サービス「PV-DOG」に

追加機能が設けられた。

 

パネルの毎月の発電実績を基に、

日射量に見合う期待発電量を計算。

それと比較し故障診断等を素早く行うのが

PV-DOGのもともとの機能だった。

今回からはそれに付属して1週間先までの

予測発電量情報と週間天気予報情報との提供を

オプションで選択できるようになった。

 

予測情報の更新は1日2回。

このサービスにより、発電計画やメンテナンス計画などを

より効率的に立てやすくなる。

同協会は他サービスで既に日照予測・発電量予測機能を

複数展開しており、実績がある。

このPV-DOGでは親しみやすいキャラクターがあしらわれ、

画面表示がその日の天気予報に合わせて切り替わる。

インターフェイスも直観的で分かりやすい。

太陽光発電のエンドユーザーにとっても、

そのユーザーたちを一元管理する事業者にとっても

使いやすいシステム構成になっている。

 

なお現在日本気象協会は、PV-DOGに新規で申し込むと、

本来はオプション機能であるこの予測情報提供が2ヶ月間無料で

スされるキャンペーンを開催している。

キャンペーン期間は、2015年9月30日までとなっている。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

天気予報と連動して

1週間先まで予想発電量が分かるのは、嬉しい事ですねw

このように色々な機能提供で、

さらに太陽光発電が普及することを期待したいと思います!!(´▽`)