スタッフBlog

買取価格には廃棄費用も含まれている

あまり知られていないかもしれませんが、10kw以上の太陽光発電設備の買取価格には、産業費用(建設費用の5%)も算入されています。10kw以下の太陽光発電の買取価格には、廃棄費用は算入されていません。

【参考】「平成24年度調達価格及び調達期間に関する意見」(2012年4月27日、調達価格等算定委員会)2ページ

 

もともと、事業用太陽光発電の買取価格に、廃棄費用も算入しているとはいえ、事業者がそれを積み立て、廃棄する際の費用に充てる保証はありません。

そのため経済産業省は、確実なリサイクルまたは処理を担保する方策について、環境省をはじめ関係省庁と連携して実態を踏まえた検討を行うとしています。

具体的には、

・事業者に、廃棄のための費用を独立した会計で積み立てるよう要請する

・撤去や運搬、処分の適正な方法を関係者に具体的に明示する

・リサイクルしやすい環境配慮型の発電設備の技術開発を支援する

ことなどが、挙げられています。

 

長期安定で低コストな自立電源となるための基盤整備

経済産業省は、固定価格買取制度により導入された発電設備を「貴重な国民資産」と位置付けています。太陽光発電設備をはじめ再生エネ発電設備は、再エネ賦課金という国民負担によって導入されたものであり、そのため「適切な管理により長期的・安定的に運用されることが重用」としています。買取期間終了後も、太陽光発電設備は使用できます。適切なメンテナンスや更新投資などによって、長寿命化も図れます。

大切な事は、環境廃棄物について先の国民負担にさせない事、そして、環境への感謝を忘れない事でしょう。

皆責任は嫌い、「得」は好みがちですが、「徳」を目指せるといいですね。

 

きちんと廃棄・リサイクルを行う事はもちろん大切ですが、そうなる前に寿命長く発電し続けられれば、それに越した事はないですよね。

エコライフジャパンでは、太陽光発電システムのメンテナンスも承っております!

定期的な点検を行い、長く活用する事で、地球環境にも、お客様のお財布にもより優しいシステムを目指しましょう(*^^*)