スタッフBlog

ソーラー機、太平洋横断へ 世界一周の最難所

スイスの団体が開発し、太陽エネルギーだけで世界一周飛行に挑んでいる1人乗りプロペラ飛行機「ソーラー・インパルス2」が31日未明、太平洋横断に向け、中国・南京を出発。同機は3月にアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを出発。インドやミャンマーなど経て中国に到着していて、5~6日間かけて経由地の米ハワイに向かう。飛行距離は8千キロ以上と今回の旅で最も長く、世界一周成功への一番の難所となりそうだ。

 ハワイの後は米アリゾナ州フェニックスやニューヨークなど経由し再びアブダビを目指す。成功すれば、人類初の化石燃料を使わない世界一周の快挙。
sty1505310012-p1[1]

すごいことですよね。太陽エネルギーだけで飛行に挑戦するなんて。成功すれば今後の航空業界にも与える影響はものすごいのもだと考えるとワクワクしますよね。成功することを心より祈っています。