スタッフBlog

太陽光発電関連のIoT技術自社特許の無償提供を発表

パナソニックは23日、

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)

関連のソフトウェアや特許などを無償で解放すると発表した。

北米の現地法人を通じて明らかにされた。

所有知的財産権の無償提供といえば、

今年1月トヨタが自社の持つ燃料電池自動車の関連特許約5700件の

実施権を無償提供すると発表し話題を呼んだ。

今回のパナソニックのケースでは、

具体的な件名や件数などはまだ明らかになっていないものの、

「見守りシステムや太陽光発電機器に用いられている

クラウド接続ソフトウェア」(同社リリースより)関連となっている。

これらソフトウェアのオープンソースコンテンツの運営・管理は、

パナソニックが3月設立した

「OpenDOFプロジェクト」で行われる。

併せて、家電メーカ横断IoT推進団体「AllSeenアライアンス」への

知的財産面での貢献強化も発表されている。

電灯、冷蔵庫、電子レンジなどあらゆる家電を

インターネットで連携・制御する技術であるIoT。

パナソニックの今回の決定により、メーカーの枠を超えたIoT規格作りと、

ひいては再生可能エネルギー分野での、IoT活用全体の活性化となるか注目される。

 

今後、太陽光発電システムから進化するあらゆる連携・制御がきになりますね…✨