スタッフBlog

「太陽のトンネル」を緑の列車が走る、を読んで

何気なくyahoo Japanの記事をチェックしていると、
すごいニュースが飛び込んできました。

「太陽のトンネル」を緑の列車が走る
(日経BPより)

電車が通る線路を敷設する際に、
まず、広大な針葉樹林を過剰に伐採しない様、地下トンネルを建設し、
さらにトンネルの上に、1万6000枚にも及ぶ量の太陽光パネルを
設置したのです。これぞまさに、「太陽のトンネル」。

これは、日本よりもはるかに緯度の高いベルギーで行われたことです。

北欧の国の方が、太陽の恵みのありがたみを感じやすいからこそ、
進んで太陽光パネルを設置しようとしている……、
そういう考え方もできるかもしれません。

しかし、太陽光発電の現場にいる私たちは、こう見ます。

太陽光パネルは、進化している。
だから、このような大規模工事をしても、
メリットが生まれる!!
と。

記事にも書いていますが、
「この設備を稼働するためのエネルギー源は永遠に無料の太陽光だけだ。しかもメンテナンスはほかのどの発電装置より簡単で、コストが少なくて済む」
これは、産業用だけではなく、家庭用にも言える事です。
つまり、太陽光発電システムは、使えば使うほどメリットを産むもの、ということです。

これを、ベルギーよりもずっと発電する日本に設置したら、
どれだけエネルギーの節約になるだろうか。

太陽光発電が、こういった形でもっともっと普及していく事を期待しながら、
太陽光の普及活動に努めていきます。

太陽光発電にご興味がある方は、こちらまで。

株式会社エコライフジャパン