スタッフBlog

災害・停電時に対応

こんにちは K703 です

風邪ひきました。。。
もう調子悪くなって1週間が経とうとしますがなかなか治らん…
夏風邪はしつこいですよ~
栄養ドリンクと薬のダブル飲みをして気力を奮い立たしてます!

今日は、災害時、停電時に活躍する太陽光発電システムについてです!

災害によって引き起こされるライフラインの停止。。。

電気・ガス・水道・通信などのライフラインすべてを自前で用意する

ことは困難ですが、太陽光発電システムがあれば、電気についてはある程度

確保することができます。

太陽光発電システムは、災害・停電時に自立運転に切り替えることで、

非常用電源として利用できるからです。

通常、太陽光発電システムは、電力会社と系統連系をしながら稼動しています。

発電した電気を自宅で利用しながら、余った電力を電力会社に売ることが

できま す。また、夜間や発電量が少ない時は、電力会社からの電気を使う

仕組みになっています。

自立運転とは、こうした電力会社との電気系統を切断し、太陽光発電 システム

を単独で使用することをいいます。

一度に使用できる電気量は、最大1,500W(各メーカー共通)です。

天候によって発電量は左右されますが、テレビやラジオで最新情報を得たり、

携帯電話を充電したり、お湯を沸かしたりすることができるんですよ!

すごいですよね!太陽光発電っ!!